女子会は参加メンバーでお店選びの基準が変わる

女子会を開催する場合のお店選びは、一筋縄ではいきません。
なぜかというと、女子会の参加メンバーによって、選ぶお店の基準が大きく変わってくるからです。
 

 

例えば、女性の中には体質的にアルコールが弱い人も少なくありません。

 

参加メンバーのほとんどが、お酒が飲めないという場合に、お酒が充実したお店を選んでも意味がありません。
ですが、女性の中にも、男性顔負けというぐらい酒豪な女性も存在します。
そんな酒豪なメンバーが揃えば、当然お酒が充実したお店でないと、物足りないと感じるでしょう。

 

そして、20代中心の女子会なら未婚者が多いですが、30代中心の女子会から既婚者が多くなります。
そのため、既婚者が多い女子会の場合は、子連れかどうか、夜に集まる事は可能かどうかなど、事前にメンバーの都合を確認しておく必要があります。

 

また女子会のメンバーの経済事情によっても、お店選びの基準は変わってきます。
20代女性の多くは、派遣社員などの非正規社員が多く、また正社員であっても事務職で手取り15万円という人も少なくありません。
そうなると、実家暮らしなら経済的に余裕があるかもしれませんが、一人暮らしであれば、ギリギリの生活になってしまいます。
経済的に余裕があるメンバーであれば、女子会はちょっと贅沢をする場でもいいかもしれません。
ですが、経済的に余裕がないメンバーの場合は、会費が高いと集まりが悪くなってしまいます。
リーズナブルで、美味しいコストパフォーマンスの高いお店を選ぶ必要があります。

 

つまり、女子会で選びお店選びは、その女子会のメンバーによって、選ぶ基準が大きく異なる事を理解した上で、適したお店選びを行いましょう。