カラオケボックスでお酒を楽しむ

近年の飲食店は、どの分野も多様化が進んでいます。
居酒屋を例にとって考えてみても、
レストランやバーと間違えてしまうほどおしゃれでリーズナブルなお店が増えていますよね。
 

 

この現象と同じように、他の飲食店が居酒屋のような性質を持つことも珍しいとはいえなくなっているのです。
カラオケボックスについて考えてみましょう。
最近では、料理やお酒を注文出来るお店が当たり前になっています。
もともとはカラオケボックスという名前から想像出来るように、
個室にカラオケ用の機械が置かれているだけでした。
それが最近では、おつまみやお酒はもちろんのこと、
定食のようなしっかりとお腹を満たすメニューまで用意されているのです。
こういった特徴を持ったカラオケボックスで飲み会を開こうと考えている人も、最近ではよく見かけられます。
そんなときに注意していただきたいのが、お酒を飲むタイミングです。
これから歌うぞというタイミングで、
アルコール度数の強い焼酎やウィスキーを飲んでしまうと、思った以上に酔っぱらってしまうことがあります。
歌うという動作は、大量の酸素を必要とするため、
一度の呼吸で多くの酸素を取り込むことになります。
体内に酸素が多く取り込まれると、アルコールの周りも早くなるため、いつも以上に酔っぱらってしまうのです。
これを防止するには、歌う前後はお酒を口にしないことが一番です。
誰かが歌っている最中に軽く口を付ける程度に留めておきましょう。

また、お酒と同時に水を摂取することでアルコールの吸収を緩やかに出来ますから、
お酒好きの方はこの方法を採用してみてください。