ラーメン屋さんが居酒屋化している!?

居酒屋でたらふく飲んだあと、
どうしてもシメでラーメンを胃袋に入れたい、
という方は少なくないでしょう。

 

帰り道にちょっと美味しそうなラーメン屋さんがあると、
あれだけ沢山飲んだのにラーメンが無性に食べたくなりぺろりと一杯たいらげる。
居酒屋好きな方にとっては、よくある光景だと思います。
赤坂の個室で美味しい料理を沢山食べた後でも、締めは別腹!という方は非常に多いのではないでしょうか。

 

さて、そんなシメに選ばれるラーメンですが、
近頃ではラーメン屋自体が居酒屋になっている、
という場所が増えています。
それは一体どういうことでしょうか。
ここでは、ラーメン屋の居酒屋化についてお伝えします。

 

●おつまみが充実!
昔、ラーメン屋といえば餃子やメンマ、チャーシューなどが
お酒のおつまみ的な感じでサイドメニューにありました。

 

ラーメン屋でお酒を飲んで、
シメにそのままラーメンという飲み方は珍しくはありません。

 

しかし、今はラーメン屋が
普通の居酒屋と変わらない数のおつまみを用意し、
お酒の種類も豊富に取り揃えているのです。
そのため、お酒をたらふく楽しむことができ、
ちゃんとしたラーメンも最後に食べれるという一石二鳥な経営を行っています。

 

●ワインを出す
ラーメン屋もラーメン屋といえば、
瓶ビールや生ビールがイメージされますが、
ピザやパスタ、チーズなどをおつまみにワインを提供するラーメン屋もあります。

 

おしゃれにワインを楽しんだあとは、濃厚つけめんでシメ。
こういった、ユニークな発想を持つ居酒屋ラーメン屋が多くなっているのです。

 

あちこち歩き回りより、ひとつの店で全て完結できるのは魅力です。
ぜひ、一度ラーメン屋さんで飲んでみては?