一人焼き肉のお供にお酒を

焼き肉店や焼き肉を提供している居酒屋を訪れると、
気分がウキウキしてしまうというお肉好きの方も多いのではないでしょうか?
お肉は太ると思われがちですが、私たちの健康に不可欠なたんぱく質を豊富に含む貴重な栄養源です。
そんなお肉を自分の好きなように食べたいという人には、一人焼き肉をおすすめします。
一人焼き肉の魅力は、何といっても自分が食べたいお肉だけを好きなだけ注文出来るという点です。
上司や先輩と焼き肉をしても、お肉を焼く係になってしまってあまり食べられないことがありますよね。
友人同士でも、なんとなく気を遣ってしまって気苦労が絶えず、心ゆくまでお肉を楽しめることが少ないことでしょう。
一人焼き肉は、自分のペースでお肉を焼けますから、周囲に気を遣う必要はありません。
そんな一人焼き肉をさらに楽しむためには、お酒を上手に利用しましょう。
まずは、お肉を焼く前に軽くお酒を口にしてください。
アルコールには食欲増進効果あり、
食事の前にお酒を飲むという習慣は、欧米で当たり前のように行われています。
美味しいお肉をたっぷり食べたいという人は、ぜひ食前酒を楽しみましょう。
おすすめは、炭酸を含まない焼酎や日本酒です。
炭酸はお腹を膨らませてしまい、お肉の入るスペースを奪う恐れがあります。
食前酒の後は、自分の好きなようにお肉を焼いて頬張りましょう。

脂っぽいお肉を食べ始めたら、お酒の手番です。
お口の中が脂っぽくなったら、今度は炭酸系のお酒で軽く喉を潤してください。
炭酸で口腔内の脂を落とせば、飽きることなくお肉を食べ尽すことが出来るでしょう。
ただし、炭酸がお腹を膨らませてしまわないように、軽く口に含む程度で抑えておくのがコツです。